FC2ブログ
--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.05.10(Thu):MKDS対戦
まずは黙ってこれを読んで下さい。


モンゴルの草原に、スーホという心の優しい少年が、おぱあさんと二人で住んでいました。羊を追って暮らしていましたが、ある春の夜、生まれたぱかりの白い子馬を見つけて持ち帰り、大事に育てました。
朝起きてから夜寝るまでスーホと白馬はいつも一緒です。 人間と馬というより、兄弟のようにそれはそれは大変仲の良いスーホと白馬に、まわりの人々もびっくりするほどでした。

やがて月日がたち、自い子馬は立派な、たくましい馬に成長しました。そんなある日、モンゴルの殿様の前で馬の競争が行われることになりました。モンゴルの各地から、脚に自身のある馬たちが集まって来ました。もちろん、スーホも白馬に乗って参加しました。
「用意、ドン!!」
家来の合図でスタートです。でもスーホの白馬にかなう馬はありません。スーホは見事に一着になり、殿様が約束したとおり、段様の娘、オノン様と結婚し素晴らしい商品をもらうはずだったのですが、あまりにも自馬の素晴らしさに目を奪われた殿様は、何かと理由をつけて、約束を破り、あげくのはてに、白馬をむりやりスーホから奪いとってしまったのです。
白馬と別れたスーホは、毎日まいにち白馬のことを思い出しては、悲しみの涙にくれていました。友達も心配して、いろいろと元気づけるのですが、スーホの悲しみは深くなるぱかりです。カタカタと戸を鳴らす秋風にも、「白馬!白馬が帰って来たんだ」と表に飛び出して、さがし廻るスーホの姿に、おぱあさんも涙がとまりませんでした。
その頃、スーホから奪った白馬を、殿様はお客様を呼んで自慢することにしました。しかし、スーホに会いたい気持ちは白馬とて同じです.白馬は殿様を振り落とし、家来を地面にたたきつけて、スーホに会いたくて逃げ出しました。
 おこった殿様は、弓矢で白馬を うってしまったのです。体に何本もの矢傷を受けながら、それでも白馬はスーホのゲル (家)に帰って来ました。
「白馬!!逃げて来たんだね。ぼくに会うために、矢でうたれながら・・こんな遠くまで走って来てくれたんだね」
・・・スーホに抱かれながら白馬は死んでしまいました。
なげき、悲しむスーホに、白馬のたましいが現れて、
「スーホ、元気を出して下さい、そして、わたしの尾やすじを使って楽器をつくって下さい。そうすれぱスーホがうたをう たう時は、私も一緒にうたえますし、スーホが休む時は、あなたのそぱにいられます」
と話かけて消えていきました。
スーホは、いわれた通りに白馬の体から楽器をつくりました.この楽器が現在でもモンゴルにつたわっている、馬頭琴という楽器です。
やがて冬が去り、モンゴルの草原に再び、光り揮く春がやってきました。
 
読んだら黙って続きを読んで下さい。
【More...】

P1020287.jpg P1020288.jpg P1020289.jpg

この時のカイヅさんはやけに速かった。ワリスタも奥まで果敢に挑んでたしなぁ。

P1020291.jpg P1020292.jpg P1020290.jpg

これが問題の人物。走りから中の人は特定しましたが上の話を思い出してしまい...( ; ω ; )ウッ...

P1020293.jpg P1020294.jpg

妨害厨として晒されてた人だけどコース選んでた以外は気にならなかったかな...Dくらい?

P1020296.jpg P1020297.jpg

いもも良プレ。この前怠慢で何回か切られたので印象はアレだけど

P1020299.jpg P1020300.jpg

フラッペ、いい感じだったんだけどなぁ...

P1020301.jpg P1020302.jpg P1020303.jpg

7777勝を奪うべくR押しで検索したら来たのはこの人。見事に獲得しました!

P1020304.jpg

因みに別ロムも666勝だったり。

P1020306.jpg P1020307.jpg

こんな名前だからめいさんが切るんです。

P1020309.jpg P1020310.jpg

おぴまい。

スーホの白い馬の感想を募集しています。「泣いた」「スーホになりたい」「濡れた」「Inponity死ね」「FC交換しよう!!」など、随時感想を受け付けております。気軽にコメントして下さい。
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://yamicarrot.blog74.fc2.com/tb.php/206-0e74312d
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。